デザイン住宅を手がける東京組

東京組は、他の住宅メーカーにはないデザイン力に定評がある企業です。多くの顧客に満足してもらえるデザインの住宅を手がけるには、優秀な建築士のアイデアが必要になります。大手の住宅メーカーであれば、自社で複数の建築士やデザインの資格を取得している人を採用し、顧客に販売する住宅を手がけることもできます。東京組では外部の建築家に依頼をして、顧客が求めている住宅を実現できる建築家にデザインの依頼をするようにしているのだそうです。そうすることで、あらゆる顧客の要望に対応することができるメリットがあるのです。

優れたデザイン住宅を販売してきた東京組は、お洒落でスタイリッシュなデザインの住宅を販売してくれるそうです。その理由は、自社の建築士だけでなく、外部の50人の建築家と提携しているためです。多くの建築家のいいとこ取りができるメリットがあると言えるでしょう。このネットワークを駆使して、優れたデザインの住宅を販売し続けてきたそうです。ただデザインにこだわるだけでなく、東京組のコーディネーターがさらに詳しく顧客の希望に応えるため、丁寧なヒアリングを行ってくれます。その結果を基にして、提携している50人の建築家から最適な人材を選定するようにしているのだそうです。

東京組は住宅のデザインだけが優れているだけではなく、オリジナルの技術を取り入れて商品を提供しているようです。全ての顧客が満足するためには何をするべきかを十分に考えて、優れた技術力の住宅を販売しています。多くの顧客から高い支持を得ている理由のひとつが、オリジナルの建材を使っていることです。より良い住宅を提供するために、東京組では建材にもこだわっているのだそうです。良質な素材を使った良い家をつくりたいという思いで、顧客に満足される安心の建材、デザインがお洒落で魅力的な建材を東京組が独自開発・製造しているといいます。

この建材へのこだわりは、サッシでも見られます。東京組は様々なメリットがあるからこそ、断熱性能に優れた木製サッシを標準化しているそうです。住まいがより快適になるよう、東京組はサッシにこだわっているのです。性能に優れている木製サッシを導入することで、夏は涼しく冬は暖かい環境の中で生活することができるため、余計な光熱費を削減することができるのだそうです。さらに、高品質の木製のサッシということで、結露を防ぐことも可能とのことです。サッシにこだわることは当たり前になっていますが、そのような住宅業界の状況の中で、東京組は木製サッシが最善と考え、顧客に提供しているといいます。

管理人おすすめサイト◇◇◇東京組(@TOKYOGUMI)さん | Twitter

建築家と家づくりを提案する東京組

東京組は50名の建築家と連携しながら、顧客が求めているデザイン住宅を提供してくれます。どのような家を建てたいのかを聞き取りながら、適している建築家に依頼をして、オリジナルのデザイン住宅を販売しているそうです。デザインは建築家に依頼をしますが、施工するときは少しでもコストを安く抑え、顧客に還元するために、東京組が選び抜いた建材を使って顧客に届ける住宅を施工していくといいます。東京組では、海外から建材を仕入れることもあるそうです。しかし、多くの建材は自社開発したものが利用されているようです。

東京組はこだわりの建材を使って、顧客に届ける住宅を施工しますが、東京組の社員として在籍している現場監督や職人が、責任を持って施工をしてくれます。設計から施工まで、自社の社員が一丸となって、顧客の理想を実現するような住まいを提供する体制が整っているそうです。ここまで徹底してデザイン住宅を提供している東京組は、様々な工夫により低コスト化も追求しているそうです。質とコストのバランスが整っていると評判も良いそうです。この部分が多くの顧客に支持されているポイントだといえるのではないでしょうか。デザインにこだわる若い世代のファミリー層からも多くの人気を集めているそうです。

東京都内でマイホームを建てたいと思っている顧客の中には、土地代が高く、広さも限られているという点を気にしている人も少なくはないでしょう。そこからしっかり考えて、理想の住まいを手がけてくれる住宅メーカーを選ばなければいけません。この問題を解決する一つの手段といえる東京組は長年にわたり、東京都内で多くの住宅を販売してきたノウハウの蓄積があります。あらゆる要望に対してしっかりと応えてくれるでしょう。高い・狭いなどの不安要素を払拭する解決策を提案してくれる住宅メーカーとして、信頼が置かれています。

東京組が提供する住宅の商品は、構造対応力に優れているそうです。顧客の要望にしっかりと応えることができるように、外側のデザインだけでなく、内側の構造にもしっかりこだわって施工してくれます。東京組が力を入れているのが、木造耐火構造だそうです。住まいを耐火構造にすることで、多くの顧客に安全と安心を届けてきたといいます。都内の密集したエリアで、火事が発生すれば、大変なことになるでしょう。自分の家が火元ではなかったとしても、隣の家から出火して燃え広がる、ということは珍しくありません。この問題を解決するために、東京組では火災に強い構造の住宅を開発し、販売してきたそうです。東京組の木造耐火構造の住宅は、多くの顧客の安心と安全をサポートしています。多くの実績があるのも価格が高いわけではなく、質の高い構造であるという、コストパフォーマンスの良さがあるからでしょう。

構造が優れている東京組が手がける住宅

注文住宅やデザイン住宅の販売を得意としている東京組が、これほどまでに多くの顧客に支持されているポイントは、多くの建築家と提携していることも挙げられるでしょう。顧客の希望するデザインや間取り、設備をしっかりと聞き取りするところから住宅づくりがスタートしていくそうです。思いを形にすることができる建築家にデザインの依頼をするという、斬新で理にかなっている方法で、顧客に満足していただける魅力的な注文住宅やデザイン住宅を提供しているそうです。東京組は顧客に寄り添い、希望や理想を提供できる体制を整えているといえるのではないでしょうか。多くの建築家と提携しているため、様々なパターンの要望にも柔軟に応じてくれるそうです。

顧客の中には、注文住宅やデザイン住宅を依頼すると、コストが跳ね上がってしまうのではないかと不安視する人もいます。東京組では低コストを実現できるように、様々な企業努力をして顧客に還元しているのだそうです。1つ目のポイントは建材へのこだわりです。できるだけコストを抑えるために、東京組では可能な限り自社でオリジナルの建材を開発・製造しているのだそうです。コストと質のバランスを考えながら、理想を追求した住まいづくりを提供してくれるそうです。

2つ目のポイントとして、東京組では最初から最後まで一貫した自社施工へのこだわりです。低コストで住宅を提供する上で、自社施工は中間マージンが発生せず、必須ともいえる体制となっているそうです。多くの住宅メーカーで、施工などを中心に外部に委託することが多いでしょう。しかし、ひとつの箇所でも外部に委託をすると、その業者に支払う中間マージンが必ず発生します。その金額を価格に上乗せしなければいけません。そうすれば結果的に商品の価格が高くなってしまいます。これを避けるために、東京組では必ず全ての工程を自社で、責任を持ってこなしてくれるのだそうです。

ここまでこだわって家づくりを提案している東京組では、需要の高い東京都内の住宅事情のことも、しっかり考えられているようです。。密集している地域に住宅を建てることが多い顧客と向き合っている東京組は、万が一火事になってしまったときの延焼を最小限に抑えるために、木造耐火の構造に力を入れているのだそうです。。顧客が多い東京都内だからこそ、防火地域や木造耐火建築物のキーワードを意識した家づくりの提案は魅力的なのではないでしょうか。顧客の大切な財産をしっかり守るために、東京組で何をしなければいけないかを考えて、商品とサービスを提供しているのだそうです。

東京組のサポート体制

様々なメリットがある自社施工を大切にしている東京組は、多くの顧客と向き合いながら、全ての住宅の施工を自社の社員や職人で手がけてきたそうです。こだわりを持って仕事をすることで、顧客からも信頼され続けているといいます。多くの顧客に望まれている住宅を提供するためにも、顧客と一緒になって「いい家」をつくり続けることを心がけ、商品・サービスを提供してきた実績があるのです。住宅メーカーでは、施工を下請けに依頼をするケースが多いです。全国展開している住宅メーカーは、それぞれの地域の工務店などと提携をして、施工を依頼しています。地方の住宅メーカーや工務店でも人件費を抑えるために、自社で監督や大工を雇わないで、完全に施工を外部に委託するケースが増えているのです。

しかし、住宅メーカーと顧客のあいだに下請け業者が入ってしまうと、住宅メーカーの目が行き届かないところで手抜き工事をする業者もあります。それが結果的にトラブルの原因になることも少なくありません。この問題を解決するために、東京組では全ての施工現場に自社で採用している現場監督や大工などの職人を導入しているそうです。つまり施工を外注するのでなく、顧客の思いを形にするために、開発から一貫した住宅づくりを行っているのです。また、建設に必要な建材や部材選びもこだわっているそうです。ここが東京組と、他の住宅メーカーとの取り組み方の違いと言えるでしょう。

顧客のことを第一に考えて、東京組の社員が設計から施工まで一貫して行う責任施工では、マイホームを建てたいと思っている顧客の想いやこだわりをより高い次元で実現することができるでしょう。東京組が取り組んでいる責任施工の考え方は、価格面でも顧客にメリットがあるようです。全ての工程を自社で手がけることで、余計な中間マージンが発生しません。外注をすれば必ずマージンが発生し、その分コストがかかってしまうでしょう。それを無くすことで、高品質低価格が実現しているそうです。

現在、東京組は長年の注文住宅やデザイン住宅の販売ノウハウを活かして、集合住宅の販売も手がけています。集合住宅は入居者だけでなく、オーナーとも真剣に向き合わなければいけません。東京組の長年の実績とノウハウを十分に活かしながら、顧客のために何ができるかを常に考えて、サービスを提供し続けているといいます。入居者は快適な生活ができるように、そしてオーナーは継続的に家賃収入を得ることができるように、東京組がサポートしてくれるのだそうです。土地活用をどうすれば良いかを相談することもできますし、初心者の人でも賃貸住宅の経営まで、東京組がしっかりサポートしてくれるといいます。

東京組の断熱構造の仕組み

気温が高い夏も快適に生活をしたいと考えれば、断熱対策がしっかり施されている住宅に住むことは欠かせないでしょう。快適性を追求している住宅を販売している東京組は、この断熱にこだわっているのだそうです。より多くの人に理想のマイホームを提供することを使命としている東京組は、1年中快適に家族みんなで快適な生活することができるようなオリジナルデザイン住宅を販売してきた実績があるといいます。東京組では、販売している住宅の建材にもこだわっているそうです。耐震など構造にこだわることは住宅づくりの上では重要なテーマとなるでしょう。東京組も構造やデザインにもこだわりを持ち、木製サッシなどを採用して建材から断熱をしていこうという考えで、顧客に商品を提案しているのだそうです。

東京組がこだわる木製サッシは、断熱性能が優れているといいます。快適性を追求するときに、断熱性を軽視することはできません。今の時代は断熱性能のことまで考えて、住宅を建てる顧客も非常に多いそうです。だからこそ東京組では、早い段階から断熱のことをしっかり考えて、木製サッシを標準で全戸数に装備させることを決めたといいます。優れた断熱効果を発揮するので、夏は涼しく、冬は暖かい状態をつくり出してくれるそうです。これが東京組の求めている理想の住宅像だといえるのではないでしょうか。実際に東京組から商品を購入した人は、その恩恵を受けているようです。

長年にわたり、断熱性能の向上に努めてきた東京組がたどりついたのが、木製サッシだったそうです。この建材は、断熱以外にも様々なメリットがあります。意外と知られていないのが安全性能です。金属やアルミのほうが安全だと思っている人もいるでしょう。東京組で採用されている木製サッシは、燃えた木の表面が炭化することで、内部に火が入っていくのを防げるメリットがあるのだそうです。そして、カビなどといった問題を生み出す原因となりやすい結露も、木製サッシにすることで解決されるといいます。表面温度の変化を最小限に抑えることで、結露をしっかり抑制することができるそうです。

このように、細部にまでこだわりを持って、顧客に求められている魅力的なデザイン住宅を提供しているのが東京組です。建材についても、顧客の要望と自社の考えを合致させることができた木製サッシが採用されています。断熱性能・快適性・結露の問題を全てクリアしている建材を、標準で装備してくれます。だからこそ家族みんなで末永く幸せに生活することができる住宅として、多くの顧客に支持されてきたのでしょう。